家づくり

わが家の固定資産税&家屋計算表を大公開

  1. HOME >
  2. 家づくり >

わが家の固定資産税&家屋計算表を大公開

Aさん
Aさん
固定資産税の通知書がきたけど本当に正しいのかな?

Bさん
Bさん
どうやって家の価格が評価されたか確認したい

固定資産税の評価についての心配に、実際に役所で家屋計算表をチェックしながら確認したなっちが説明します。

固定資産税・都市計画税課税の計算方法

固定資産税をいくらおさめるかは、各自治体から4月に明細書が発送されます。

固定資産税・都市計画税課税明細書

自治体によって書式が違いますが、これを見ると家屋の評価額とそれに伴う固定資産税、都市計画税で払う金額がわかります。

わが家のスペック

  1. 評価額:11,355,212円
  2. 床面積:151.81m2

固定資産税の計算方法

固定資産税は評価額の1.4%ですが、新築住宅は居住面積の120m2までの分について1/2が減額されます。

項目計算式わが家の場合
軽減前の税率評価額×1.4%
*1,000円未満切り捨て
11,355,000円×1.4%=158,970円
軽減対象の税額(軽減前の税率)×120÷(床面積)÷2(158,970)×120÷151.81÷2=62,832円
令和3年の固定資産税額(軽減前の税率)-(軽減対象の税額)
*100円未満切り捨て
(158,970)-(62,832)=96,100円
固定資産税の計算方法

都市計画税の計算方法

都市計画税は評価額の0.3%です。

項目計算式わが家の場合
令和3年の都市計画税額評価額×10.3%
*100円未満切り捨て
11,355,000円×0.3%=34,065円
都市計画税の計算方法

なっち
わが家の1年間の家屋の税額は130,100円でした

【家屋計算表】家屋評価の根拠の確認

固定資産税や都市計画税の計算方法は上記で説明しましたが、気になるのが、マイホームの価値(=家屋評価)がどう算出されるか、間違っていないかです。

固定資産税名寄帳兼課税台帳

市役所に行くと免許証の提示だけで課税台帳の写しをもらえました。けれどここに書かれている内容は課税明細書と大差ありません。

知りたいのは家屋評価の計算内容=家屋計算表です。

身分証明書を提示すれば閲覧&写しは可能ですがコピーや写メは不可と言われたので、パソコンを開きながらコツコツまとめました。

わが家の家屋計算表

家屋評価額 = 再建築価格 × 経年減点補正率 × 評点一点当たりの価額

で計算します。この単位当再建がマイホーム入居後の家屋調査を元に算出されるのですが、わが家の場合を項目ごとにチェックしていきます。

屋根

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
屋根化粧スレートボード13,750100.0屋根形式1.00勾配大小0.960.968,052
    軒出大小1.00施工程度1  

わが家の屋根の傾きは緩やかなため、少し安くなりました。

引用:令和3年家屋評点付設の手引

令和3年家屋評点付設の手引で詳細な内容がわかります。

基礎

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
基礎鉄筋コン基礎13,140100.0階数1.00平面形状0.940.947,534
 地上高 40cm  施工程度1.00    
引用:家屋計算表

鉄筋コンクリート基礎は40cmなので、若干安いです。けれどやや出っ張った間取りなため平面形状は高くなっています。

外壁

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
外壁サイディング7,530100.0施工程度1.00施工多少1.091.099,417
 断熱材 並1,110100.0      

サイディングは厚さに関係なく評点は同じです。わが家は出っ張った間取りなため補正係数でやや高くついています。

内壁

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
内壁総合評点 中4,940100.0施工程度1.00施工多少1.081.085,335
引用:家屋計算表

わが家は全部クロス貼りでしたが、個別計算ではなく、総合評点方式で中と評価されました。

天井

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
天井総合評点 中3,410100.0      
 断熱材 並93061.3施工多少1.00施工程度1.001.003,980

こちらも個別式ではなく総合評価で中でした。

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
総合評点 中5,450100.0施工多少1.00施工程度1.001.005,967
 断熱材 並93055.6      

こちらも個別式ではなく総合評価で中でした。

床組み

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
床組仕上げ無し05.7施工多少1.00施工程度1.001.002,987
 一階床組1,26055.6      
 二回床組5,91038.7      

床組みとは床を支える骨組みのことです。

柱壁体

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
柱・壁体柱、壁体12,400100.0施工程度1.00施工多少1.111.1113,764
 (断熱無)        

ここでも出っ張りが多い間取りなため補正係数が多くなっています。

建具

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
建具建具 中18,560100.0施工多少0.69 施工程度1.00 0.6912,806
    古材補正1.00    

古材補正とは、家を建て替えした時などに再利用した場合に減点補正され安くなるそうです。わが家は使っていないので変わらない=1でした。

仮設工

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
仮設工仮設工事2,190100.0工事難易1.00  1.002,190

家屋を建築する際に必要な足場等の準備工事又は工事中の保安のための工事です。標準的な家なので1ですね。

その他

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
その他雑工事515,2611.00施工程度1.00  1.007,400
 階段188,6701.00    1.00 
 バルコニー48,2708.69施工程度1.00  1.00 

設備

区分評点項目標準評点使用量補正係数連乗部分別評点
設備総合設備4,214151.81施工多少1.00施工程度1.001.0015,011
 電気設備 ドアホン46,8101.00施工程度1.00  1.00 
 給水設備 使用口9601.00施工程度1.00  1.00 
 洋式便器 水洗式61,9002.00施工程度1.00  1.00 
 ユニットバス379,8501.00型式1.00大きさ1.001.00 
    施工程度1.00    
 浴室換気乾燥機51,9501.00施工程度1.00  1.00 
 洗面化粧台62,7301.00開口寸法1.13施工程度1.001.13 
 洗面器44,6001.00施工程度1.00  1.00 
 システムキッチン297,8001.00開口寸法1.00施工程度1.001.00 
 給湯器(追焚有)223,0001.00号数1.00追焚有無1.001.00 
    施工程度1.00    
 換気設備(住宅用)戸建て630151.81機能1.00施工程度1.001.00 
 床暖房設備14,26016.91施工程度1.00  1.00 
 洗面化粧台62,7301.00開口寸法1.00施工程度1.001.00 

気になったのが、洗面化粧台と洗面器の違いです。鏡や化粧台があると洗面化粧台になるそうですが、市によっては鏡と洗面台が分離していると洗面器扱いできるところもあるそうです。

悲しい
なっち
うちの市は分離していてもダメだと言われました

固定資産税・都市計画税課税の確認まとめ

家屋計算表で固定資産税、都市計画税の根拠がわかる

マイホームに継続的にかかる税金の元となるデータなので一度確認して見てください!

なっち

大学院生&看護師(元助産師)のなっちです。 義父母と夫、2歳の娘と完全二世帯住宅で暮らしています。 マイホーム計画や生活、育児に役立つ 情報や工夫を紹介してます。

-家づくり